社会保障&法研トリビアクイズ

創業以来七十年、社会保障業界で仕事を続けてきた当社には、
知る人ぞ知る業界情報や「へぇ~」と驚く知識が語り継がれています。
今回七十周年を記念して、社内に眠っていた業界や当社に関する「トリビア」をご紹介。
さらに社員も知らなかった都市伝説も調べ上げました。
気になった情報はFacebook やTwitterで共有してください!

SCROLL
  • 「都道府県別健康ランキング」平均寿命の高い・低い都道府県は?
    答え
    平均寿命の高い・低い都道府県は?
    男女ともにトップが長野県、ワーストの県は青森県でした。長野県は、かつて脳卒中の死亡率が全国でもトップクラスでしたが、県主導で減塩や野菜の摂取量をふやすことを推奨したところ、脳卒中で亡くなる人が少なくなり平均寿命が延びています。一方、青森県は食塩摂取量、喫煙率が高くなっています。詳しくは当社刊行の「すこやかファミリー2016年12月号」の特集「都道府県別健康ランキング」をご覧ください。
    • twitter
    • facebook
  • 「都道府県別健康ランキング」糖尿病が多い都道府県は?
    答え
    糖尿病が多い都道府県は?
    香川や徳島など四国地方に糖尿病で通院している人の割合が多い結果となっています。糖尿病の一因でもある肥満の割合では沖縄県が1位の他、徳島県も上位に含まれています。詳しくは当社刊行の「すこやかファミリー2016年12月号」の特集「都道府県別健康ランキング」をご覧ください。
    • twitter
    • facebook
  • 「都道府県別健康ランキング」脳卒中の多い都道府県は?
    答え
    脳卒中の多い都道府県は?
    脳卒中の要因として食塩摂取量や寒さがあげられ、東北地方が上位にあがっています。一方、食塩摂取量では山梨県が1位ですが、野菜の摂取量が多いことが脳卒中の少ない理由とも考えられます。詳しくは当社刊行の「すこやかファミリー2016年12月号」の特集「都道府県別健康ランキング」をご覧ください。
    • twitter
    • facebook
  • 大正十五年「健康保険法」施行の年に設立され、現在も存続している日本最古の健保組合は?
    答え
    「東京計器健康保険組合」http://tokyokeiki-kenpo.or.jp/)です。
    大正15年(1926年)11月5日に設立されました。健康保険法は大正15年6月30日に施行され、その年に多くの健保組合が設立されました。今ではおよそ1400の健康保険組合があります。
    • twitter
    • facebook
  • 健保組合はピーク時にはおよそ何組合あった? 現在は?
    答え
    健保組合の数は、ピーク時(1992年)に「1827組合」ありましたが、今では「1399組合」となり400組合も減っています(2016年4月1日現在)。一方で健保組合に加入している被保険者数はピーク時よりも実は増えています。
    • twitter
    • facebook
  • あの堀江貴文元ライブドア社長も健保組合の設立を考えていたって本当?
    答え
    ライブドアの社長だった当時にグループ企業で健保組合を設立しようとしていたとウェブインタビューで答えています。
    新聞やテレビが絶対に書かない「ホリエモン」こと「堀江貴文」の真実~ロングインタビュー前編~ - GIGAZINE(2009年3月)
    http://gigazine.net/news/20090302_horiemon01/
    そう。それで健保組合を自前で作るのはすごいいいな、と思っていたのですよ。いろいろな買収も結構しましたし、人数も増えていましたし、全部足すと何千人と社員がいたので、組合作れるな~みたいなのもあったんですけどね。
    • twitter
    • facebook
  • 日本では現在一日あたりいくらの医療費がかかっている?
    答え
    正解は「1000億円」以上。1日に1074億3000万円の医療費がかかっています。年間の入院患者は134万1000人、外来患者は726万500人となります。
    • twitter
    • facebook
  • 介護保険料は市町村により異なるが、最低、最高は?
    答え
    40歳以上から支払うようになる「介護保険料」は住んでいる市町村によりその金額が異なります。最低で鹿児島県三島村の2800円、最高は奈良県天川村の8686円となり、平均は5514円となっています。
    • twitter
    • facebook
  • 厚生労働省が発表した「健康寿命」の都道府県別ランキング(平成25年度)で、男女ともに第一位になった都道府県は?
    答え
    第1位は山梨県(男性72.52歳/女性75.78歳)です。「健康寿命」とは「日常生活に制限のない期間の平均」となります。
    なお、男性の第2位は沖縄県(72.14歳)、第3位は静岡県(72.13歳)、女性の第2位は静岡県(75.61歳)、第3位は秋田県(75.43歳)となっています(全国平均は「男性71.19歳」「女性74.21歳」)。
    • twitter
    • facebook
  • 日本の死因一位となっている「がん」。そのなりやすさに地域差がある?
    答え
    国立がん研究センターの集計で、がんのなりやすさに地域差があることがわかっています。例えば「胃がん」が東北や日本海側で高い傾向にあるのは、塩分の多い食事と関連性があるのではと考えられています。
    • twitter
    • facebook
  • 当社の新入社員が電話対応で驚く「伝説」の健保組合とは?
    答え
    「電設工業健康保険組合」http://www.densetu.or.jp/)です。電話で「デンセツ健保です」と名乗られたり、営業担当者が「デンセツ健保さんに行ってきます」と外出すると、新入社員は「どんな伝説があるのだろう?」と驚くようです。
    • twitter
    • facebook
  • 当社のシンボルマークの青色緑色には名前がついている?
    答え
    シンボルマーク
    当社のシンボルマークは、1992年にマーケティングネーム「SOCIO HEALTH」の頭文字をとって作成されました。
    青色を「ソシオ・ブルー」緑色を「ヘルス・グリーン」と呼んでおり、それぞれ「ソシオ・ブルー:落ち着き・知性・スマート・先進性・爽やか・信頼性」「ヘルス・グリーン:健康・生命力・若々しさ」の意味があります。
    • twitter
    • facebook
  • 当社の主力商品である家庭向け保健雑誌「月刊すこやかファミリー」のピーク時の実販売部数は◯万部だった?
    答え
    正解は「193万部」(1992年5月号・実売部数1939000)。読みやすさ、記事量の手ごろさから好評となりヒット商品となりました。
    • twitter
    • facebook
  • その「月刊すこやかファミリー」のパロディ誌「すちゃらかファミリー」があった?
    答え
    すちゃらかファミリー
    1993年1月号として翌年度の新入社員紹介に入社前の内定者が自分達で企画・制作しました。
    • twitter
    • facebook
  • 当社にはイメージキャラクターがいた?その名前は?
    答え
    ハート君
    鳩の「ハート君」です。今から30年前の創立40周年パーティーの写真で存在が確認できましたが、その後に使われなくなった経緯はわかっていません。
    40周年のハート君
    • twitter
    • facebook
ペードトップへ