message70周年を迎えて

平成28年10月1日をもちまして、法研は創立70周年を迎えることができました。
これも偏にお客様ならびに社会保障に関わる皆様からの
永年にわたるご厚情とご支援の賜物と、心より感謝申し上げます。

戦後間もない昭和21年、全ての国民が困窮し、
あらゆる物が不足していた時代に創業者佐藤幸治は、
「民生の安定は社会保障制度の確立にあることを確信し、
言論を通じて制度の推進力とし、持って文化的な生活の建設に寄与す。」
という理念のもと、弊社の礎となる社会保障に関する出版事業を開始しました。
取材、執筆、編集から校正まで一人でこなし、
自らリアカーを曳いての納品という小さなスタートでした。

その後、昭和26年に故佐藤政男名誉会長が二代目の社長に就任し、
長きにわたり法研を牽引し、
平成13年に私、東島俊一が三代目の社長に就任、今日に至っています。
この間、日本の復興、発展と心身の健康保持・増進に対する
国民の関心の高まりとともに、皆様のお力添えを得ながら、
今日まで微力ではございますが、
社会保障制度の発展に貢献ができたことに大きな喜びを感じております。

創業者佐藤幸治 看板

日本の社会保障制度も、
70年間を振り返りますと、戦後の混乱期の救貧の時代から、
高度経済成長と国民皆保険・皆年金の実現、
そして少子高齢化と経済成長力の鈍化がもたらす
構造改革と、社会保障の目的も
時代とともに変化してきました。
そして今、国民皆保険・皆年金という
世界に誇る日本の社会保障制度は、
少子高齢化の進展とともに、
将来にわたる制度の持続性に危機感が持たれており、
痛みを伴う更なる変革が求められています。

そのような中、
法研はこれからも国民の「健康寿命」の延伸と
生活の質(クオリティー・オブ・ライフ)の向上を目指し、
高品質な出版物の制作を基礎としながら、
ホームページ制作を始めとした電子媒体事業、
疾病予防・健康電話相談・ストレスチェック等の健康サポート事業など、
時代に即し、お客様のニーズにお応えする商品・事業を、
社員一丸となってご提供してまいります。

お客様ならびに社会保障に関わる皆様には、
より一層のご指導ご支援をお願い申し上げ、
法研創立70周年の御挨拶とさせていただきます

平成28年10月吉日
株式会社 法研 代表取締役社長 東島 俊一

ペードトップへ